サービスのご案内サービスのご案内

お客様にお願いすることは、弊社に屋根や土地をお貸しいただくことです。

サービス概要

本サービスはお客様は初期費用ゼロで当社が太陽光発電設備を設置・運営を行うサービスです。
お客様は本サービスを利用することで、自社の屋根で発電したばかりのクリーンな電力を安価に利用することが可能となります。

初期費用不要で太陽光発電設備を設置

第二電力の費用負担で太陽光発電設備を設置します。設置のため第二電力が設置場所の現地調査、設計、設備の手配を行います。また、太陽光発電設備の安定的な発電に向けて、必要箇所へに屋根塗装を実施する場合があります。

電力料金は20年間固定料金

20年間の契約期間中は利用量に応じた電力利用料金のみのお支払いとなります。
電力料金は固定料金(消費税別)での提供となります。

定期的にメンテナンスを実施

20年の契約期間中に計7回(初年度のあとは3年ごとに)太陽光発電設備の保守点検、メンテナンスを実施します。

契約満了後は太陽光発電設備を一括無償譲渡

契約満了後は太陽光発電設備を一括無償譲渡します。お客さまは特別な工事の手間なく、そのまま太陽光発電設備で発電した電力を利用することができます。

屋根貸し太陽光発電

メリット

初期投資不要で太陽光発電を始められる!

産業用太陽光発電設備は、大きな初期投資が必要となります。 本サービスは以下の3点が特徴です。

  • • 第二電力負担で、お客様施設の屋根に太陽光発電設備を設置
  • • 発電した電気はそのままお客様の施設で使用できる
  • • お客さまは利用した電力分だけ第二電力に支払う

太陽光発電設備は第二電力所有となりますので、お客様は資産計上することなく、太陽光で発電したクリーンな電気の利用を始められます。

定期的なメンテナンスで安定的に電力が使える!

第二電力は設置した太陽光発電設備の稼働状況をモニタリングしています。
定期メンテナンスの実施だけではなく発電量が下がるなどの突発的な対応も実施します。
メンテナンスやトラブル対応にお客様の費用負担はありません。故障時の対応や修理費の計上などの事務手続きもなく、安定的に太陽光で発電したクリーンな電力を使うことができるのです。

電気代削減や、価格変動リスク回避にもつながります!

電力会社より購入していた電力の一部を太陽光発電に置き換えることで電気代の削減につながります。太陽光で発電した電力には「再生可能エネルギー発電促進賦課金」(以下、再エネ賦課金)がかからないため、その分が費用の削減につながるのです。再エネ賦課金については今後も上昇傾向が見込まれており、より削減効果が大きくなると予想されます。
また、電気料金は為替レートや化石燃料価格の変動に連動しています。国際エネルギー機関(IEA)の新政策シナリオによると、原油価格の見通しは2030年に96ドル/バレル、2040年に112ドル/バレルと今後は上昇局面を迎えることが想定されています。
第二電力が設置した太陽光発電設備からの電力は20年間固定料金で利用できます。お客様は電気代に関する価格変動リスクも回避することができます。

年間電気代削減例

1ヶ月 2万円
1年間トータル 24万円
20年間の契約期間で 491万円
25年間使うと 1,080万円
30年使うと 1,672万円

試算モデルケース

契約電力:
主契約 100kW
既本料金:
1,296円/kW
電力量料金:
夏季   17.05円/kWh、
その他季 15.94円/kWh
平均使用電力量:
25,000kWh/月
再エネ賦課金:
2.95円/kW

お客様の電力契約および電力使用量により削減効果は異なります。

再エネ賦課金の推移

屋根貸し太陽光発電

20年後は高価な太陽光発電設備がご自身のものに!

契約期間満了後は太陽光発電設備を無償譲渡します。
第二電力が設置する太陽光パネルは業界最高の25年の製品・出力複合保証を約束しているパネルを採用しており、契約満了後も安心して使うことができます。譲渡後には太陽光発電設備をご自身の設備としてそのまま利用でき、発電した電力もそのままご自身で利用できます。
契約満了後はご自身の設備として発電した電力を使えますので、さらなる電力料金の削減につながります。

クリーンな電力で環境貢献

太陽光で発電したクリーンな電力をそのまま利用できます。
自然環境を活かしたエネルギーを使っての事業運営を行うことは、お客様の環境貢献への取り組みに対する大きなアピールとなります。

屋根貸し太陽光発電

対象となる条件

築年数 1981年(昭和56年)以降に建築された建物登記がされている(またはする予定のある)建物
面積 屋根の面積:100坪以上
土地:180坪〜300坪くらいまで
屋根の形状 折板屋根、瓦棒屋根
地域 地域は下記電力会社の管内
東京電力、中部電力、関西電力、中国電力(岡山県、広島県)
契約電力の主契約 50kW 以上

契約から
工事までの流れ

ご契約から工事完了までのスケジュール

スケジュール
  • 発電した電力のうちお客様が自家消費せずに未消費分となった電力は、第二電力が電力会社に売電いたします。
  • 電力利用料は第二電力が設置する電力量計により測定し、総発電量から電力会社への売電量を引いた額を請求額といたします。