会社情報会社情報

代表者メッセージ

仕事柄、私は遠出の出張が多いのですが、車、電車、飛行機などで移動中、窓から外を眺めるとついこんなことを考えます。「ああ、これ良い屋根だなぁ、ソーラーパネルどれだけ乗るかなぁ。」

2012年に始まった固定価格買取制度は、日本のエネルギー供給の光景を一変させました。それまでなかなか進まなかった再生可能エネルギー、とりわけ太陽光発電の普及が急ピッチで進んでいったのです。ソーラーエネルギーの快進撃が始まったその年に、私たち第二電力は産声をあげました。

第二電力は、ユニークなビジネスモデルで太陽光発電の普及に貢献してまいりました。工場や事業所の建屋にソーラーパネルを乗せるとなると、普通は一定の初期投資が必要となり、会社側の投資戦略と合致しなければ、メリットが感じられても投資に踏み切れないケースが出てきます。 しかし、第二電力の屋根借り型サービスは初期投資を必要としません。

工場などの建屋のオーナーは、屋根を第二電力に貸し出すことで屋根塗装の塗り直し(状況にもよりますが、パネルを乗せるときに塗装をいたします)、パネルによる遮熱効果(かなり内部の温度が下がります)、屋根借りの賃料(正直それほど多い金額ではありませんが…)などのメリットを享受しつつ、20年後には屋根の上に乗った発電設備が譲渡され、その後は自社の発電設備としてご使用いただけます。

さらに工場や事業拠点のエネルギー消費が大きい場合には、屋根オーナー会社自身がソーラーエネルギーを消費する自家消費型サービスも提供しています。これは直接的な省エネメリットや非常用電源としての活用に加えて、SDGs(持続可能な開発目標)やESG投資(環境、社会、ガバナンス)、さらにはRE100イニシアチブ(再生可能エネルギー100%)など、昨今のCO2排出削減に対する社会的責任に応えていく手段にもなります。自家消費型は、今、まさにホットな導入タイプと言えます。

皆さんもお感じでしょうか。私は自分が子供の頃と比べて、地球の温暖化現象がより身近に、そして直接的に私たちの生活に影響を及ぼすようになってきたと感じます。季節外れの大型台風、洪水のような大雨、盛夏の強烈な日射、連日の熱帯夜、本格的な寒さの訪れの遅れ。超大型台風による大規模停電が珍しい話ではなくなってしまいました。こうした状況を将来世代に引き継ぐことにならないためにも、第二電力の取り組みがより重要になってきていると思います。

配電網を通じて太陽光を地域的なエネルギーインフラとして発展させる。蓄電システムや送電技術で太陽光をより安定的な電源として活用する。風力やバイオマス、水素などの新しいエネルギーと連携して太陽光を日本の主力エネルギー源に育てる。日本のエネルギーの未来を拓くため、第二電力は挑戦を続けてまいります。

日本の屋根はまだまだ空いています。私たちは日本の全ての屋根にエネルギーをもたらすイノベーターでありたいと思っています。

第二電力株式会社
代表取締役 会長兼社長 岡本 晋